委員会・研究会

「科学技術イノベーション総合戦略2015」では、「第5期科学技術基本計画」と連動させ政策として推進することが閣議決定されています。その中で、12のシステムを特定しブラッシュアップしていくことが決定されており、これらによって創出される新しい価値のイメージとして下の図が示されています。
以上から、本協議会では近年の環境も踏まえ、当面以下の研究会を立ち上げ、それぞれにフィットしたプラットフォームを提供して行きます。

研究会
高度道路交通システム研究会
自然災害に対する強靱な社会システム研究会
インフラ維持管理・更新システム研究会
おもてなしシステム研究会



【12のシステムにより創出される新しい価値のイメージ】

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


・エネルギーバリューチェーンの最適化  ・地球環境情報プラットフォームの構築  ・効率的かつ効果的なインフラ維持管理
・更新の実現  ・自然災害に対する強靱な社会の実現  ・高度道路交通システム  ・新たなものづくりシステム
・統合型材料開発システム (マテリアルインテグレーションシステム)  ・地域包括ケアシステムの推進  ・おもてなしシステム
・スマート・フードチェーンシステム  ・スマート生産システム