協会概要

日本における「世界最先端IT国家創造宣言」では官民データ活用推進が前面に謳われている。IT推進においての3Dデータ、VR(Virtual Reality)データの利活用推進は最先端IT国家実現の大きな原動力となり得る。

本協議会では、3DVRによる自動運転やドローン飛行シミュレーションなどの、VRを利用したバーチャルなプラットフォームを提供し、メーカー、大学などの研究者、エンジニアに開放することを目指している。加えて、自治体や公益団体等と連携し、バーチャルな実験プラットフォームとリアルな実験プラットフォームとして、IT特区の提供を推進する。これにより、自動運転で600万回とも言われるVRシミュレーションとその後の公道実験を連携できる。

これは様々なフィールド実験にも適用可能であり、UAV・ドローンシミュレーションやIoTの実験環境を提供できる。さらに今後、各種ビッグデータベースから抽出される解析からサイバー空間に人工知能を構築、アクセスプラットフォームとし、フィジカル空間へのアクチュエーション・外部出力する。既に事例の多い、自治体・企業での環境・防災・計画・観光など各種シミュレーションでも、本プラットフォームの適用により各種事業の評価や意見募集、広報等に活用できる。

最終的には、全道のVRモデル、プラットフォームを整備し、様々な産業分野で利用できるように構築することを目標とする。

理事長 伊藤裕二

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

組織

理事長

伊藤 裕二
(一社 コンピュータソフトウェア協会副会長/IT社会推進政治連盟理事)

会長代行

傘木 宏夫
(NPO地域づくり工房代表/環境アセスメント学会常務理事)

事務局長

稲垣 竜興
(一社 道路・舗装技術研究協会理事長/一財 最先端表現技術利用推進協会理事)

理事

藤原達也
(一社 北海道産学官研究フォーラム 副理事長・事務局長)

監事

川村敏郎
(NEC元代表取締役副社長/株式会社コラボ・ビジネス・コンサルティング代表取締役)

情報公開

北海道Virtual Reality(VR)推進協議会の約款や役員・会員名簿、各年度ごとの事業計画、事業報告、収支予算書、決算報告等。

協会が実施する事業

日本の産業の健全な発展を目的に、各種事業活動を展開